産経フォト

大川村、8年ぶり選挙戦 議会に関心、若い世代も

2019.4.16のニュース

ニュース

大川村、8年ぶり選挙戦 議会に関心、若い世代も

dly1904160004

 議員のなり手不足から、村議会を廃止して有権者が予算などの議案を直接審議する「村総会」設置を一時検討した高知県大川村では16日、村議選(定数6)に20、30代などの新人を含む計7人が立候補を届け出て、8年ぶりの選挙戦となった。

 村は総会の検討を中断した2017年秋以降、議会維持に向けて注力。村民が立候補しやすい環境を整えるため、今月1日には議員との兼業が可能な団体名を村長が毎年度公表する条例を施行した。こうした取り組みが村民の議会への関心を高め、若い世代の出馬につながったとみられる。

 改選前の現職6人のうち、朝倉慧議長(79)ら2人が引退。立候補者の内訳は現職4人と新人3人で、共産党現職以外の6人は無所属となっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング