産経フォト

電気と熱、ビルから地域に 三井不動産、災害に強く

2019.4.15のニュース

ニュース

電気と熱、ビルから地域に 三井不動産、災害に強く

dly1904150014

 三井不動産と東京ガスは15日、東京・日本橋で3月末に完成した大型複合ビルのガス発電設備を報道陣に公開した。ビルはガス発電と電力会社から来る電気を組み合わせ、周辺施設に電気と熱を送っているのが特色。災害に強く、国際競争力の高い街づくりを目指す。電気と熱の双方を地域の既存施設に供給するのは国内で初めてという。

 複合ビルはオフィスや商業施設が入る「日本橋室町三井タワー」。ビルでの消費を上回る電力を自営の送電線で周辺に供給し、発電で生じた廃熱もビル内外の給湯などに使う。電気の供給先は約20棟、熱は約10棟で、三越の本店や国指定重要文化財の三井本館が含まれる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング