産経フォト

ロボットが来場者案内 九大やハウステンボスで実験

2019.3.19のニュース

ニュース

ロボットが来場者案内 九大やハウステンボスで実験

dly1903190009

 九州大とNTTドコモなどは19日、準天頂衛星システムと第5世代(5G)移動通信システムを活用したロボットに、来場者を案内させる実証実験を九大伊都キャンパス(福岡市)で同日始めたと発表した。精度や耐久性などの成果を確認後、大型リゾート施設「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)の園内での実証実験に切り替える。

 九大やベンチャー企業のリビングロボット(福島県伊達市)が中心となって開発したロボットはカメラやセンサーが付いており、二つのタイヤで移動する。例えば「おなかがすいた」と話し掛ける人がいた場合、レストランに案内する。

 通信の速度や容量が大幅に向上させた5Gと、日本版衛星利用測位システム(GPS)を組み合わせることで高い精度で案内したり、移動時に他の歩行者などを避けたりできるという。

 実験の成果を生かして、将来的には遠隔地にいる消費者が仮想現実(VR)に対応したゴーグル端末を装着し、分身となるロボットがリゾート施設などを散策することで施設を訪れたような体験ができる活用も目指す。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング