産経フォト

絶滅危惧ジュゴンの死骸 沖縄・今帰仁村沖で漂流

2019.3.19のニュース

ニュース

絶滅危惧ジュゴンの死骸 沖縄・今帰仁村沖で漂流

dly1903190004

 沖縄本島周辺で生息が確認されている絶滅危惧種の海獣ジュゴンの死骸が沖縄県今帰仁村の沖合で漂流していたことが19日、分かった。今帰仁漁業協同組合が明らかにした。防衛省沖縄防衛局などの調査によると、日本で生息がはっきりと分かっているジュゴンはわずか3頭。自然保護関係者によると、体の特徴から死骸はこのうちの1頭で雌とみられる。

 組合によると死骸は体長約3メートル。頭部や顔、胸のひれに傷や出血があったほか、さまざまな部分の皮がむけていた。18日午後5時すぎ、陸から約200メートル沖に漂流しているのを漁業者が発見した。

 ジュゴンは熱帯や亜熱帯の浅い海にいる哺乳類で国の天然記念物。名護市辺野古に面した大浦湾の藻場では、ジュゴンが食べたとみられる餌の跡が見つかっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング