産経フォト

揺れる花の王国・オランダ 英のEU離脱注視

2019.3.17のニュース

ニュース

揺れる花の王国・オランダ 英のEU離脱注視

dly1903170016

 世界最大の花の輸出国・オランダが、英国の欧州連合(EU)離脱に揺れている。主要輸出先の英国が「合意なき離脱」をした場合、英EU間の流通の混乱で輸送が遅れ商品価値が下がりかねない。花き業界団体は輸出業者に「最悪の状況に備えよ」と促している。

 オランダ花き仲卸・買参者連盟(VGB)によると、昨年の花と植物の輸出額は60億ユーロ(約7600億円)超。英国はドイツに次ぐ輸出先で8億2500万ユーロ(約1千億円)の大市場だ。

 オランダ政府は混乱に備え、税関・検疫職員を千人以上臨時雇用したり、事務処理を速めトラックが港で渋滞しないようしたり対策を練ってきた。

 ただ、単一市場でなくなれば通関は英国側でも必要。英経済が混乱しポンドが下落すれば、英市場でオランダの花は値上がりする。英離脱の行方は離脱予定の29日が間近になっても予断を許さない。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング