産経フォト

小説の企業「小倉に進出」  北九州市長が“発表”

2019.3.15のニュース

ニュース

小説の企業「小倉に進出」  北九州市長が“発表”

dly1903150014

 え、ロボットが北九州から出動?-北九州市の北橋健治市長は15日、舞台が市をモデルとしている小説「ブルバスター」をPRしようと、作中に登場する企業が「JR小倉駅前に出張所を設置した」と、記者会見で“発表”した。

 PRに協力することで多くのファンに集まってもらい、市のイメージ改善にもつなげる狙い。

 ブルバスターは、中小企業「波止工業」で働く主人公たちがロボットを操って巨大な獣と戦う内容で、ウェブ連載から始まりアニメ化や実写化も目指している。これらプロジェクトの制作会社が、小倉駅前のビルに「波止工業」の看板を掲げて事務所を置き、市内取材などの拠点とする。

 会見に同席した原作者の中尾浩之さんは、北九州市をモデルに選んだ理由を「工業地帯と海と島があるノスタルジックな町を探していて、ぴったりだった」と明かした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング