産経フォト

う「好き」駅で恋愛成就? 大分、ホワイトデー仕様に

2019.3.14のニュース

ニュース

う「好き」駅で恋愛成就? 大分、ホワイトデー仕様に

dly1903140005

 恋愛成就の願いを込めて-。大分県臼杵市は14日のホワイトデーに合わせ、ひらがなの「う」にハートマークを続けて「うすき」を表すJR臼杵駅の駅名案内板のデザインを変更した。従来は赤いハートマークだったのを、赤で縁取られた白いハートにキューピッドの矢が刺さり、恋がかなったことを意味するホワイトデー仕様に改めた。

 「インスタ映え」する名所として会員制交流サイト(SNS)などで発信してもらい、観光客獲得に役立てるのが狙い。案内板はホームにあり、同じ JR九州日豊線の隣駅の上臼杵駅(臼杵市)と、JR西日本木次線の木次駅(島根県雲南市)でも同じようにデザインを変えた。いずれも4月7日までの期間限定。

 臼杵駅で14日朝、臼杵市の職員らが駅名案内板の絵柄の缶バッジと菓子のセットを利用者に配った。受け取った大分県津久見市の会社員女性(29)は「うれしい。かわいい看板なので、若者にも臼杵に来てほしい」と笑顔を見せた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング