産経フォト

愛知でまた豚コレラ 感染施設に隣接

2019.2.14のニュース

ニュース

愛知でまた豚コレラ 感染施設に隣接

dly1902140011

 愛知県は14日、同県田原市の養豚場で豚コレラが新たに発生したと明らかにした。県内では6日と13日に、豊田市と田原市で感染が確認されており、養豚場は13日に判明した別の養豚場に隣接している。

 大村秀章知事は14日、陸上自衛隊に災害派遣を要請する考えを示した。県の緊急対策会議で「極めて深刻な事態だ。拡大、まん延を防ぐため迅速に対応したい」とした。

 県によると、今回の養豚場は昨年2月1日時点で約1200頭を飼育していた。全頭を殺処分する方針。13日の感染確認を受けて県は同日、周辺施設の検査を実施。この養豚場も対象で、14日に遺伝子検査で陽性反応が出た。

 豚コレラは昨年9月以降、岐阜県内で相次いでいたが、豊田市の養豚場で6日に判明。この養豚場が出荷した田原市や長野、岐阜、滋賀、大阪の計5府県の施設でも6日、感染を確認した。田原市では13日にも別の養豚場での発生が明らかになった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング