産経フォト

比、政権批判の記者を逮捕 報復か、名誉毀損容疑

2019.2.13のニュース

ニュース

比、政権批判の記者を逮捕 報復か、名誉毀損容疑

dly1902130023

 フィリピン国家捜査局(NBI)は13日、インターネットの記事で男性ビジネスマンの名誉を毀損したとの容疑で、ドゥテルテ政権批判の報道で知られるニュースサイト「ラップラー」の最高経営責任者(CEO)で著名女性ジャーナリストのマリア・レッサ氏を逮捕した。批判報道への報復の可能性がある。

 レッサ氏は米CNNテレビのマニラ支局長などを務め、昨年6月、世界新聞・ニュース発行者協会(WAN-IFRA)から、報道の自由に寄与したジャーナリストに授与される2018年度の「自由のための金ペン賞」を贈られた。

 司法省幹部は、ラップラーが12年に掲載した記事で男性ビジネスマンを人身売買や薬物密輸に関わったように取り上げた疑いがあるとしている。(マニラ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング