産経フォト

仙台でもウーバー配車開始 タクシー会社と連携

2019.2.13のニュース

ニュース

仙台でもウーバー配車開始 タクシー会社と連携

dly1902130018

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズの日本法人は13日、仙台中央タクシー(仙台市)と連携し、同市でウーバーのアプリを使ったタクシーの配車サービスを開始したと発表した。国内での配車サービスは名古屋市や大阪府の一部で実施している。東北地方では初。

 ウーバー・テクノロジーズ側は「仙台は東北地方の中心都市で、首都圏からのアクセスも良好だ」と指摘。仙台中央タクシーの清川晋取締役も「ウーバーは世界的に認知されており、外国人観光客に気軽に利用してもらいたい」と相乗効果に期待感を示した。

 配車サービスは、利用者が行きたい場所を入力して配車を依頼すれば、タクシーが迎えに行く仕組みで、世界600都市以上で利用されている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング