産経フォト

別府の温泉水で甘酒 別府市とBEAMSがコラボ

2019.2.12のニュース

ニュース

別府の温泉水で甘酒 別府市とBEAMSがコラボ

dly1902120003

 別府大(大分県別府市)の発酵食品学科は、別府の温泉水を使った甘酒を開発した。300ミリリットル入りで、市内にある「大分香りの博物館」で販売している。

 まろやかな味わいが特徴。別府市と服飾雑貨販売の「ビームス」が共同で新しいお土産づくりに取り組む事業の一環で、学生らが主体となり商品開発した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング