産経フォト

荒磯親方、国技館で初業務 協会のジャンパー姿も初披露

2019.2.9のニュース

スポーツ

荒磯親方、国技館で初業務 協会のジャンパー姿も初披露

dly1902090016

 1月の大相撲初場所限りで引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)が9日、東京都墨田区の両国国技館で行われたNHK福祉大相撲で、日本相撲協会の指導普及部所属の親方として初の業務に当たった。

 開場の約4時間半前となる午前7時半前に出勤し、国技館を巡回して危険物がないかなど安全確認をする作業を行った。任務をこなした親方は来場者からも声を掛けられ「なかなか現役時代にできなかったので、しっかりやっていきたい」と、今後のファンサービスにも意欲を見せた。

 相撲協会の紺色のジャンパー姿を初めてお披露目した。サイズは6Lで「親方になったという感じがする」と照れくさそうだった。10日に国技館で実施されるトーナメント大会では早速、テレビ解説に臨む予定だ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング