産経フォト

行き先は「ごうかく」 受験シーズンで愛媛のバス切符人気

2019.2.9のニュース

ニュース

行き先は「ごうかく」 受験シーズンで愛媛のバス切符人気

dly1902090010

 「ごうかく」「大成」「旭」-。受験シーズンを迎え、愛媛県久万高原町営バスの路線にある縁起のいいバス停の名称が入った「合格切符」の売れ行きが好調だ。

 大成は「おおなる」と読み、ごうかくはかつて「郷角」と表記していた。いずれも地名が由来。旧国鉄バス時代に郷角行きの切符の売れ行きが良いことに職員が気づき、縁起物として広く宣伝したのが合格切符の始まりという。

 旭からごうかく行きと、ごうかくから大成行きの2枚1セットで640円。「合格祈願」の文字や桜の花びらが描かれた封筒に入っている。町内の道の駅「天空の郷さんさん」や、販売元の柳谷産業開発公社(同町)に電話やファクスで注文できる。

 道の駅で店頭に立つ宮崎日出三さん(70)によると、受験生への贈り物や、自身の昇進試験、手術を前に購入する人も多い。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング