産経フォト

墜落機の音声記録装置発見 インドネシアLCC

2019.1.14のニュース

ニュース

墜落機の音声記録装置発見 インドネシアLCC

dly1901140009

【ジャカルタ共同】189人が搭乗していたインドネシアの格安航空会社(LCC)ライオンエアの旅客機墜落事故で、ルフット調整相(海事)は14日、現場海域付近で捜索が続けられていたボイスレコーダー(音声記録装置)が同日朝、発見されたと明らかにした。

 フライトレコーダー(飛行記録装置)は既に回収されて解析が続けられているが、操縦室内の音声を録音したボイスレコーダーが見つかったことで、事故原因解明へ進展が期待される。

 インドネシア海軍によると、ボイスレコーダーは海底の泥の下約8メートル付近に埋まっていた。昨年11月末に国家運輸安全委員会が公表した暫定調査報告書によると、機体の制御に必要なデータを計測する機器が故障していたことや、自動的に機首を下げるシステムが作動していたことが判明。複数の要因が重なり、墜落した可能性があるとみられている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング