産経フォト

民主党・カストロ氏が出馬表明 米大統領選

2019.1.13のニュース

ニュース

民主党・カストロ氏が出馬表明 米大統領選

dly1901130005

 【ワシントン共同】オバマ前米民主党政権で住宅都市開発長官を務めたフリアン・カストロ氏(44)は12日、来年11月の大統領選に立候補すると表明した。トランプ大統領の再選阻止を狙う民主党で主要候補の出馬表明は初めて。バイデン前副大統領(76)や女性のウォーレン上院議員(69)も近く出馬を決断する見通し。

 若手有望株のカストロ氏は祖母がメキシコ移民のヒスパニック(中南米系)。メキシコ国境に近い米南部テキサス州サンアントニオで演説し「大統領は国境の危機を主張するが、今そこにあるのはリーダーシップの危機だ」と訴え、移民政策について「私たちは壁ではなく、コミュニティーを築く。人間味のある政策を行う」と強調した。

 民主党では下院議員だったジョン・デレイニー氏(55)が17年7月に出馬表明し、知名度向上に努めている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング