産経フォト

被災地沿岸で不明者捜索 震災7年10カ月

2019.1.11のニュース

東日本大震災

被災地沿岸で不明者捜索 震災7年10カ月

dly1901110009

 東日本大震災から7年10カ月となる11日、岩手、宮城、福島の両県警は行方不明者やその手掛かりを求め、津波で大きな被害に遭った沿岸部を捜索した。

 宮城県南三陸町志津川袖浜の海岸では、南三陸署員5人が1分間黙とうをささげた。その後、署員6人が熊手で石や海藻などをかき分け手掛かりを捜した。

 千葉茂地域課長は同県気仙沼市で昨年、行方不明者が見つかり、身元が確認されたことに触れ「南三陸町内でも行方不明者発見につながる手掛かりは必ずある」と意気込み、捜索に当たった。

 同署によると、今回の捜索場所はこれまで立ち入れなかったため、初めて実施したという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング