産経フォト

陸自、日米共同演習を公開 北海道で「ヤマサクラ」

2018.12.8のニュース

自衛隊・ミリタリー

陸自、日米共同演習を公開 北海道で「ヤマサクラ」

dly1812080009

 陸上自衛隊は8日、北海道千歳市の東千歳駐屯地で、米陸軍などと3日から17日までの日程で開催中の日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」を報道関係者に公開した。陸自には今年3月、各地方ごとの方面隊を束ね、部隊運用を一元的に担う陸上総隊が新たに発足しており、今回の演習を通じ、日本が武力攻撃された有事に、日米間や陸自内部の調整がスムーズにできるよう訓練する。

 8日の東千歳駐屯地は氷点下。濃い緑色のテント内に設けられた「調整所」には大型スクリーンが置かれ、日米の隊員が迷彩服姿で向き合った。「法務」や「広報」など担当分野ごとにスペースが仕切られ、双方の隊員が話し合いながら、訓練を進めていた。

 ヤマサクラは陸自と米陸軍の共同演習では最大規模。今回は北海道や東北の駐屯地を訓練場所として、日本側から計約5千人、米側は計約1600人が参加している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング