産経フォト

中国ファーウェイ幹部拘束 米国、カナダに要請か 新たな火種懸念も

2018.12.6のニュース

ニュース

中国ファーウェイ幹部拘束 米国、カナダに要請か 新たな火種懸念も

dly1812060006

 【ニューヨーク共同】カナダ司法当局は5日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者を西部バンクーバーで1日に拘束したと明らかにした。米メディアによると、米国の要請に基づき拘束した。創業者の娘で、司法当局はファーウェイが米国による対イラン制裁に違反した疑いがあるとみて捜査している。

 貿易を巡り対立を続ける米中両国の新たな火種となる可能性もありそうだ。在カナダ中国大使館は6日付の声明で「重大な人権侵害だ」として「断固反対し強く抗議する」と表明した。米中関係の悪化を懸念し、東京株式市場は6日、日経平均株価が大幅に下落した。同社は6日、コメントを発表し「国連などの輸出規制や制裁規定を含み、当社が事業を行う国と地域の全ての法規制を順守している」と強調した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング