産経フォト

裁判官が帰還困難区域視察 仙台の原発避難者訴訟

2018.11.13のニュース

ニュース

裁判官が帰還困難区域視察 仙台の原発避難者訴訟

dly1811130010

 東京電力福島第1原発事故で福島県から宮城、岩手両県に避難した住民83人が国と東電に計約30億円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁の裁判官3人が13日、原告の自宅がある福島県双葉町の帰還困難区域を視察し、被害実態を確認した。

 視察は村主隆行裁判長らのほか、原告と国、東電の代理人らが参加する進行協議として10月から行い、今回が3回目。

 この日は第1原発が立地する双葉町の中でも放射線量が高く、立ち入りが原則禁止されている区域に防護服姿で入り、原告宅9軒を訪問。建物や土地の現状を見た。一部の家では動物や人に荒らされた室内に入り、原告本人から説明を受けた。

 原告側代理人の工藤芳明弁護士は視察後の取材に「古里から離れざるを得なかった無念さを裁判官に理解してもらえたと思う」と話した。

 原告側は、古里の喪失や避難時に感じた死の恐怖で精神的苦痛を受けたほか、事故の影響で将来に見通しが立たないと主張し、慰謝料の支払いを求めている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング