産経フォト

バイオ燃料プラント完成 ユーグレナが横浜に

2018.11.2のニュース

ニュース

バイオ燃料プラント完成 ユーグレナが横浜に

dly1811020006

 バイオベンチャー企業のユーグレナ(東京)は2日、ミドリムシや廃食油を原料にバイオジェット燃料などを製造する実証プラント(横浜市)が完成し、竣工式を開いた。同社によると、バイオジェット燃料の製造施設は日本で初めて。2019年春に稼働予定で、20年にバイオ燃料でジェット機を飛ばす計画だ。

 プラントは敷地面積が約7800平方メートルで、投資総額は約58億円。バイオディーゼル燃料を含め年間125キロリットル(ドラム缶およそ625本分)の燃料を製造する。今回は実証用で、25年までに25万キロリットル製造できる商業プラントを建設する。

 出雲充社長は式典で「(自動車や航空機への)バイオ燃料導入で二酸化炭素(CO2)を削減することが重要だ」と強調。欧米に比べ遅れている日本をバイオ燃料先進国にすることを目指すという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング