産経フォト

国連大使後任に元副補佐官 トランプ氏が検討

2018.10.10のニュース

ニュース

国連大使後任に元副補佐官 トランプ氏が検討

dly1810100003

 トランプ米大統領は9日、年末に退任するヘイリー国連大使の後任に、現政権で中東政策に関わった元大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)のディナ・パウエル氏の起用を検討していると明らかにした。5人程度に候補を絞っているとも言及した。ホワイトハウスや大統領専用機内で記者団に語った。

 トランプ氏の長女イバンカ大統領補佐官の名前も取り沙汰されているが、トランプ氏は「イバンカなら素晴らしい(国連大使になるだろう)が、起用すれば縁故主義だと非難されるだろう」と観測を否定した。ヘイリー氏が後任選びで協力するという。

 ワシントン・ポスト紙電子版は複数の政府当局者の話として、ヘイリー氏がトランプ氏の側近集団の1人と見なされず、いくつかの重要な政策決定で排除されたと不満を持っていたと指摘した。(ワシントン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング