産経フォト

ハリケーン公式死者数否定 トランプ米大統領、身内からも反発

2018.9.14のニュース

ニュース

ハリケーン公式死者数否定 トランプ米大統領、身内からも反発

dly1809140006

【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、昨年9月に米自治領プエルトリコを襲ったハリケーン「マリア」による死者数について「3千人も死んでいない」とツイッターに投稿した。地元当局が公式認定した死者数を否定した形となり、プエルトリコに加え身内の与党共和党からも反発や異論が相次いだ。

 ロイター通信によると、大型ハリケーン「フローレンス」の米東部上陸が近づき、政府対応に万全を期さなければいけないタイミングでの“ご乱心”ツイートに、一部のホワイトハウススタッフは困惑しているという。

 プエルトリコ当局は当初、死者数を64人と公表。ジョージワシントン大の研究所はマリア上陸から半年の関連死を2975人と推計、当局も受け入れ、今年8月に公式数値として発表した。

 トランプ氏は13日のツイッターで「死者数3千人は、私を悪く見せるための民主党の仕業だ。高齢などが原因の(一般)死も加算したのだ」と根拠を示さずに批判した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング