産経フォト

第1ターミナル一部再開 関空、閉鎖から10日ぶり

2018.9.14のニュース

ニュース

第1ターミナル一部再開 関空、閉鎖から10日ぶり

dly1809140004

 台風21号で被災し、4日から閉鎖が続いていた関西空港第1ターミナルビルの南側エリアとA滑走路の運用が、10日ぶりとなる14日に再開された。この日は被災前の約30%に当たる国際線約80便、国内線約40便が離着陸を予定。午前7時すぎ、第1ターミナルの再開後第1便となる全日空の羽田便が、B滑走路を使って離陸した。タンカーの衝突で破損した連絡橋の橋桁の撤去も同日中に完了する見通し。

 第1ターミナルは関空を発着する大半の航空会社が使用し、通常時は1日約400便が発着する。関空を運営する関西エアポートは南側エリアの運用再開に伴い順次便数を増やし、20日までに50%まで回復できると見込んでいる。

 残る北側エリアの再開は21日をめどとしており、第2ターミナルビル・B滑走路と合わせて旅客輸送に関わる施設の全面再開を目指す。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング