産経フォト

吉田、吉岡組が初Vの快挙 セーリング世界選手権

2018.8.10のニュース

スポーツ

吉田、吉岡組が初Vの快挙 セーリング世界選手権

dly1808100006

 セーリング女子470級で2016年リオデジャネイロ五輪5位入賞の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が9日、デンマークのオーフスで開催されている4年に1度の世界選手権で初優勝を遂げた。日本連盟によると、日本勢の同種目制覇は五輪を含めて初の快挙で、20年東京五輪での金メダル獲得に期待が膨らんだ。

 全長4・7メートルの2人乗り小型ヨットで争う470級は日本で最も盛んな種目。神奈川県出身で37歳の吉田(旧姓近藤)は鎌田奈緒子とのコンビで「コンカマ」と呼ばれた08年北京五輪から3大会連続出場の実力者。広島県出身で27歳の吉岡とは13年から組んでいる。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング