産経フォト

山陰海岸ジオパークを視察 再認定に向け審査員2人

2018.8.9のニュース

ニュース

山陰海岸ジオパークを視察 再認定に向け審査員2人

dly1808090021

 貴重な地形や地質を備えた自然公園「世界ジオパーク」に2010年に認定された山陰海岸(京都、兵庫、鳥取)を「ユネスコ世界ジオパークネットワーク」(GGN)の審査員2人が現地視察し、9日に兵庫県豊岡市で開かれた記者会見で「高い国際的価値があり、温かいおもてなしの心を感じた」と評価した。

 視察は世界ジオパーク再認定に向けた4年に1度の現地審査で、6~9日に実施。9月にイタリアで開かれるGGNの総会で結果を報告する。審査員のスペイン人地質学者パブロ・リバスさん(41)は「優れたインフラやユニークで美しい景色を発見できた」と語った。また「山陰海岸が地元にもたらす利益について話し合い、世界の他のジオパークと情報共有すべきだ」と今後の課題も指摘した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング