産経フォト

大統領のメダル一時盗難 南米ボリビア

2018.8.9のニュース

ニュース

大統領のメダル一時盗難 南米ボリビア

dly1808090007

 南米ボリビアからの報道によると、主要都市ラパス近郊で7日夜、歴代大統領が就任式で受け取る由緒あるメダルとたすき状の飾り帯が輸送中の軍人の車から盗まれた。ともに8日に中部コチャバンバで開かれた軍事パレードでモラレス大統領が身に着けるはずだった。メダルなどは同日、ラパスの教会に放置されているのが見つかった。

 輸送担当の中尉はコチャバンバ行きの飛行機に乗り遅れ、次の便を待つ間に空港近くの風俗街に繰り出した。路上駐車し、メダルなどの入ったリュックを車内に残して出かけたところ、車上荒らしに遭った。8日に匿名の電話が地元テレビ局にあり、教会での発見につながった。

 金とダイヤモンドのメダルは1825年、ボリビア国会から初代大統領で南米諸国独立の英雄シモン・ボリバルに贈られた歴史的な品。飾り帯とともに就任式の他、重要行事の際に大統領が身に着ける。(リオデジャネイロ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング