産経フォト

マレー機撃墜、偽情報急増 EU発表、親ロ側が発信

2018.7.18のニュース

ニュース

マレー機撃墜、偽情報急増 EU発表、親ロ側が発信

dly1807180009

 欧州連合(EU)が運営する偽情報対策組織は、2014年にウクライナ東部の親ロシア派支配地域で起きたマレーシア航空機撃墜から4年となった17日、墜落に絡むインターネット上やメディアの偽情報が今年5~6月に急増し、少なくとも89件に達したと発表した。発信源はプーチン政権寄りのメディアや人物としている。

 オランダ主導の合同捜査チームは5月24日、同機を撃墜した地対空ミサイルはロシアからウクライナ側に搬入されたと発表したが、ネットでは「撃墜したのはウクライナ」「ウクライナは(撃墜の)証拠を隠滅した」「捜査チームはロシアをおとしめようとうそをついている」といった主張があふれている。

 最近はそれらに加え、ロシア国営タス通信が国防省情報として「ミサイルはウクライナに持ち出されていない」と報じるなどしており、EUの対策組織は「偽情報の発信は現在も強力に進められている」と指摘した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング