産経フォト

放射性物質を加熱で除去 原発事故で放出の微粒子

2018.6.26のニュース

ニュース

放射性物質を加熱で除去 原発事故で放出の微粒子

dly1806260018

 東京電力福島第1原発事故で大気中に放出された放射性物質を含む微粒子の一種で、ガラスと混ざって水に溶けず環境中に長期間残存する「セシウムボール」について、高温で加熱すると放射性物質を取り除くことができると、東京大の小暮敏博教授(鉱物学)らのチームが26日付の英科学誌電子版に発表した。

 セシウムボールは第1原発の炉心溶融(メルトダウン)に伴って原子炉内で形成されたとみられる。風に乗って東京など関東地方にも飛来したことがこれまでの調査で確認されている。

 チームは、第1原発近くで数ベクレルの放射性物質を含む直径約2マイクロメートルの粒子を採取。これを金属板に載せて600度に加熱するとセシウムが減少し、千度になると粒子からなくなった。粒子の形態は変わらず、空気中に放出されたとみられる。

 小暮教授は「放射性物質で汚染された廃棄物を焼却する際に適切な温度で燃やすことやフィルターを付ける必要があるなど有益なデータが得られた」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング