産経フォト

日産車の独占的供給見直し NYタクシー、車種拡大

2018.6.14のニュース

自動車

日産車の独占的供給見直し NYタクシー、車種拡大

dly1806140006

 ニューヨーク市は13日までに、日産自動車が名物の黄色いタクシー「イエローキャブ」を独占的に供給する規定を見直した。トヨタ自動車や米フォード・モーターなどを加え、約30車種を運転手が選べるようにした。

 市の担当者は「車種の選択に柔軟性を持たせた」と理由を説明した。

 ニューヨーク市は2011年、日産のワンボックス車「NV200」を次世代車種に選び、日産と10年間の契約を結んだ。新しい規定には、トヨタの「カムリ」などが加わった。

 米紙ニューヨーク・タイムズは13日、運転手からNV200に対し、車内空間の広さを評価する声がある一方で、乗り心地の悪さや修理の多さの指摘もあったと伝えた。(ニューヨーク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング