産経フォト

開港40年前に空の安全祈る 成田、機長や整備士ら

2018.5.18のニュース

ニュース

開港40年前に空の安全祈る 成田、機長や整備士ら

dly1805180013

 成田空港が20日に開港40年を迎えるのを前に18日、地元の成田山新勝寺の僧侶を招いて空の安全を祈願する「祈祷会」が空港内であり、パイロットや客室乗務員、整備士ら約100人が参列した。

 祈祷会では、僧侶が読経し、航空会社の社員らにお札を手渡した。成田国際空港会社(NAA)の夏目誠社長は報道陣に「日本の表玄関として時代とともに進化してきた。これからも安全を基本に、お客様の利便性向上に努めたい」と話した。

 成田空港は1978年5月20日、激しい反対闘争を経て開港した。国内外の空港との競争が激化する中、NAAや国、地元自治体は今年3月、対抗策として、開港以来初めてとなる発着時間拡大や、3本目の滑走路建設を含む機能強化計画に合意した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング