産経フォト

【アメフット】日大は悪質反則の究明を 関学大「信頼関係は完全に崩壊」

2018.5.17のニュース

ニュース

【アメフット】日大は悪質反則の究明を 関学大「信頼関係は完全に崩壊」

dly1805170016

 アメリカンフットボールの定期戦で日本大の選手の悪質な反則行為により選手が負傷した問題で、関西学院大アメフット部は17日、兵庫県西宮市内で記者会見し、抗議に対する日大からの回答が不十分と不満を表明、改めて真相究明を求めた。関学大の小野宏ディレクター(57)は「信頼関係は完全に崩壊している」と非難した。
 関学大は日大の内田正人監督(62)らによる負傷選手への直接の謝罪も要求。日大側が24日をめどとした再回答の内容次第では、来年度の定期戦を取りやめる意向を明らかにした。

「指導と選手の受け取り方に乖離」

 日大側は回答書で「乱暴行為を教えることは全くない。指導と選手の受け取り方に乖離が起きた」として意図的な反則ではないと主張。内田監督が試合後、反則行為の選手は闘志が足りないので奮起を促したという趣旨の発言についても「反則を容認すると受け取られかねない。撤回する」としたが、関学大側は「(当該行為に伴う)疑問、疑念を解消できておらず、誠意ある回答とは判断しかねる」と批判した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング