産経フォト

国連安保理が緊急会合 パレスチナ情勢

2018.5.15のニュース

ニュース

国連安保理が緊急会合 パレスチナ情勢

dly1805150020

 国連安全保障理事会は15日、在イスラエル米大使館のエルサレム移転への抗議デモで多数の死傷者が出たパレスチナ情勢について緊急の公開会合を開いた。非常任理事国のクウェートが開催を求めた。

 冒頭で国連のムラデノフ中東和平特別調整官が、エルサレムからビデオ会議で、デモ隊とイスラエル軍が衝突したパレスチナ自治区ガザなどの状況を説明。

 イスラエルのダノン国連大使は15日、会合に先立ち記者団に、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスに衝突の責任があると主張。「全ての国には自国を守る権利がある」と訴えた。

 昨年のトランプ米政権によるエルサレムの首都認定を受け、安保理や国連総会では「2国家共存」を訴える多くの国々が米国を批判。イスラエルと米国が孤立する構図となっている。(ニューヨーク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング