産経フォト

埼玉県、試作品を完成 マグネシウム蓄電池

2018.5.15のニュース

ニュース

埼玉県、試作品を完成 マグネシウム蓄電池

dly1805150018

 埼玉県産業技術総合センターは15日、次世代電池として期待されるマグネシウム蓄電池の試作品が完成したと発表した。室温で実用できる同種の蓄電池をつくったのは世界初だという。商品化にはさらなる小型化や容量増が必要としており、今後は複数のメーカーと共同開発を進める方針。

 センターによると、試作品は2種類で、スマートフォンやノートパソコン、ウエアラブル端末などへの活用を想定。現在主流のリチウムイオン電池は原価が高価で確保が難しく、発火の危険性もあるため、世界でこれに代わる次世代蓄電池の開発が進められている。

 マグネシウム蓄電池は、安価での生産が見込め、リチウムイオンを容量でも上回る可能性があるという。中村雅範センター長は「将来的に一部電子機器でリチウムに取って代わることが期待できる」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング