産経フォト

エンジンの緊急点検指示 欧米当局、死亡事故受け

2018.4.21のニュース

ニュース

エンジンの緊急点検指示 欧米当局、死亡事故受け

dly1804210006

 米国でサウスウエスト航空機のエンジンが飛行中に大破し、乗客1人が死亡した事故を受け、米連邦航空局(FAA)と欧州航空安全庁(EASA)は20日、航空会社に事故を起こしたボーイング737-700型に積まれたものと同型のエンジンの緊急点検を指示した。ロイター通信が報じた。

 対象のエンジンは米ゼネラル・エレクトリック(GE)とフランス企業の合弁会社「CFMインターナショナル」が製造した「CFM56-7B」。点検を行うのは世界で約680基に上る。エンジンの一番前にある「ファンブレード」と呼ばれる羽根を20日以内に点検するよう指示した。

 既に150基は点検済みという。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング