産経フォト

アカカミアリ1匹発見 長野市の住宅、被害なし

2018.4.19のニュース

ニュース

アカカミアリ1匹発見 長野市の住宅、被害なし

dly1804190014

 環境省信越自然環境事務所などは19日、長野市の住宅で有毒の特定外来生物アカカミアリ1匹が発見されたと発表した。同県で見つかったのは初めて。既に駆除しており、人が刺されるなどの被害はない。

 同事務所などによると、14日に住民が特徴的な色の衰弱したアリを発見して捕獲。18日に専門家がアカカミアリと確認した。羽が無い女王アリで、体長約7ミリ。輸入品に付着していた可能性があるが、交尾後の女王アリは単独繁殖する能力があるため、周辺を調べる。

 アカカミアリに刺されると激痛と共に患部が腫れるが、ヒアリに比べて毒は弱いとされる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング