産経フォト

掘り出し物に出合えるかも モスクワの土産物市場

2018.4.17のニュース

ワールド

掘り出し物に出合えるかも モスクワの土産物市場

dly1804170004

 モスクワ東部の土産物市場「ウェルニサージュ」。豊富な種類のマトリョーシカや陶磁器グジェリ焼などロシアの代表的な民芸品を制作者が販売する店もあり、世界各国の観光客や雑貨商でにぎわっている。

 市場は西洋風のお城が立つテーマパークの一角にあり、丸太づくりの店舗が100軒以上並ぶ。モスクワ中心部の「赤の広場」や「アルバート通り」で売られる品はこの市場で調達される物も多い。中心部よりずっと安い価格が魅力だ。日本の観光ガイド本ではまだあまり紹介がない。

 精密な色彩の1万ルーブル(約1万7千円)前後の高級マトリョーシカを扱う男性ゴルベフさんは、モスクワ周辺の家庭内工房で作品を制作する職人から仕入れて販売。「2000年頃までは日本人は高くても買ってくれたが、今はそうでもない。最もお金がありそうな米国人は経済制裁の影響か最近めっきり減った」と話す。

 週末には骨董品市や画家による絵画販売も行われ、ソ連時代や帝政時代の掘り出し物を狙う客でにぎわう。(モスクワ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング