産経フォト

有翼船、20年宇宙へ ステーションに物資補給

2018.2.9のニュース

ニュース

有翼船、20年宇宙へ ステーションに物資補給

dly1802090004

【ワシントン共同】米宇宙ベンチャーのシエラネバダコーポレーション(SNC)は8日までに、開発中の宇宙船「ドリームチェイサー」で2020年後半に国際宇宙ステーションへ物資を運ぶ認可を米航空宇宙局(NASA)から得たと発表した。スペースシャトルのような翼がある再利用可能な宇宙船で、久しぶりに有翼型が宇宙へ飛行することになる。

 米宇宙企業ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)のアトラス5ロケットで打ち上げ、無人で飛行し物資を補給する。ステーションから実験試料などを持ち帰り、帰還時は翼を使って飛行機のように着陸する。

 現在、米国によるステーションへの物資輸送はスペースXなど二つの民間企業が請け負っており、SNCで3社目となる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング