産経フォト

MRJ、初のキャンセル 米航空会社、経営不振で

2018.1.26のニュース

ニュース

MRJ、初のキャンセル 米航空会社、経営不振で

dly1801260010

 国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)は26日、米イースタン航空から受注していた40機の契約キャンセルが確定したと明らかにした。MRJのキャンセルは初めて。

 イースタン航空が経営不振に陥り、他社に事業を譲渡したため。三菱航空機は「キャンセルは顧客の事業の在り方によるもので、MRJ開発の遅れが原因ではない。他の契約には影響しない」と説明している。

 開発が難航しているMRJは納期をこれまで5度延期し、2020年半ばの初納入を目指している。今回の契約解消により受注は計407機となった。親会社の三菱重工業の宮永俊一社長は昨年12月、イースタン航空との契約解消の可能性を示唆していた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング