産経フォト

犯行当時未成年の死刑20年ぶり執行 市川一家4人殺害

2017.12.19のニュース

ニュース

犯行当時未成年の死刑20年ぶり執行 市川一家4人殺害

dly1712190009

 法務省は19日、1992年に千葉県で一家4人を殺害し、強盗殺人罪などに問われた関光彦死刑囚(44)=東京拘置所=と、94年に群馬県で3人を殺害し、殺人などの罪に問われた松井喜代司死刑囚(69)=同=の刑を同日午前に執行したと発表した。上川陽子法相が命令した。関死刑囚は犯行当時19歳の少年で、関係者によると元少年の死刑執行は、97年の永山則夫元死刑囚=当時(48)=以来。2人とも再審請求中だった。

 今年7月には、スナックの女性経営者4人を殺害した警察庁指定119号事件の西川正勝元死刑囚ら2人が執行されている。第2次安倍政権以降では、計21人の死刑執行となった。刑事施設に収容されている確定死刑囚は122人になった。
 上川氏は19日に記者会見し「いずれも極めて残忍で、被害者や遺族にとって無念この上ない事件だ。裁判所で十分な審理を経て死刑が確定した。慎重な検討を加え、執行を命令した」と述べた。

少年法の在り方などに論議

 千葉県市川市で一家4人を殺害した関光彦死刑囚の死刑が19日、執行された。犯行当時は未成年の19歳1カ月。起こした事件の重大性から、少年法の在り方などに論議を呼んだ。

 確定判決によると、関死刑囚は1992年3月、市川市の会社役員宅に押し入り、一家4人を次々と殺害。1人生き残った当時15歳の長女も長時間監禁された。

 一審千葉地裁、二審東京高裁とも「冷酷非情な犯行。少年だったことを考慮しても死刑はやむを得ない」と死刑判決を言い渡した。

 弁護側は、18歳未満には死刑を適用しない少年法の規定に触れ「1年1カ月の経過が生死を分けるほど大きな意味を持つ年齢差とはならない」と主張。

 「幼児期の虐待の影響などで、行為を制御する能力が著しく劣った心神耗弱の状態だった」とも訴え、死刑回避を求めたが、最高裁は2001年12月、「4人の生命を奪った結果は重大」と退けた。

【おことわり】産経新聞は原則として、犯行当時未成年だった事件は少年法に照らし匿名としてきました。しかし、関死刑囚については死刑が執行され、更生の機会が失われたことから実名に切り替えます。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング