産経フォト

落ち葉の間からヤッコソウ 鹿児島・奄美、冬の風物詩

2017.12.14のニュース

自然・風景

落ち葉の間からヤッコソウ 鹿児島・奄美、冬の風物詩

dly1712140005

 鹿児島県・奄美大島で、シイの木の根元に寄生する植物「ヤッコソウ」が、落ち葉の間からピンク色がかった乳白色の姿を現している。奄美大島の初冬の風物詩。例年11月中旬ごろから見られ、「奄美自然観察の森」(龍郷町)によると、今年は年内いっぱいが見ごろという。

 シイの古木が多い奄美自然観察の森では、10カ所以上で確認され、観光客や町民らが撮影を楽しんでいる。

 ヤッコソウは葉緑素を持たず、高さは3センチ前後。てっぺんの帽子のように見える部分が花に相当し、その下にうろこ状の葉がある。全体として「やっこさん」のような形に見え、名前の由来となっている。

 奄美自然観察の森で自然観察指導員を務める川畑力さん(38)は「この時期に、最も人気が高い植物。周囲を見回して足で踏まないよう注意してほしい」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング