産経フォト

日本の北朝鮮対応「懸念」 ロ外相伝達、河野氏反論

2017.11.24のニュース

ニュース

日本の北朝鮮対応「懸念」 ロ外相伝達、河野氏反論

dly1711240021

 河野太郎外相は24日午前(日本時間同日夕)、ロシアのラブロフ外相とモスクワで会談した。会談後の共同記者会見でラブロフ氏は、北朝鮮情勢を巡り「全ての選択肢がテーブルの上にある」とするトランプ米大統領を支持する安倍晋三首相の対応に関し「懸念材料だ。(軍事行動は)悲劇的な結果につながることは間違いない」と指摘。河野氏は米国の抑止力を「歓迎したい」として反論した。

 会談では、双方は来年5月に安倍首相の訪ロによる首脳会談実施へ調整を加速させることで一致した。

 ラブロフ氏は、日本が導入する方針の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」などミサイル防衛強化について「深い懸念」を伝達。河野氏は「日ロ間の脅威になるものではない」と理解を求めた。

 北方領土での共同経済活動を巡っては、日ロそれぞれの法的な立場を害さない形での活動を具体化させるため、政府間対話を促進させる方針を確認した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング