産経フォト

サンフランシスコ市長「交渉の余地ない」 慰安婦像問題で面会拒否

2017.11.24のニュース

ニュース

サンフランシスコ市長「交渉の余地ない」 慰安婦像問題で面会拒否

dly1711240012

 米サンフランシスコ市が慰安婦像の設置を受け入れたことに反発し、同市との姉妹都市提携の解消を表明した大阪市の吉村洋文市長は24日、この問題に関しサンフランシスコ市長側から「交渉、議論の余地はない」として、要請していた面会を断られたことを明らかにした。

 吉村氏は同市のリー市長に直接会って、受け入れないよう求める意向だった。23日に面会を拒否するメールが届いたという。

 吉村氏は大阪市内で記者団に「リー市長とサンフランシスコ市議会は(受け入れに)積極的だった」と重ねて非難。今後、幹部会議で提携解消を正式決定し、12月中に同市に通告する意向だ。

 大阪市によると、像の碑文には「旧日本軍には性的に奴隷化されたアジア・太平洋地域13カ国の何十万もの慰安婦がおり、そのほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」との内容がある。吉村氏は「不確かで一方的な主張が歴史的事実として刻まれている」として、受け入れないよう書簡で求めていた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング