産経フォト

ロシア穀物生産、過去最多に 価格下落で収益は悪化

2017.11.22のニュース

ニュース

ロシア穀物生産、過去最多に 価格下落で収益は悪化

dly1711220014

【モスクワ共同】ロシアの今年の穀物生産が今月21日時点で1億3850万トンとなり、これまで最多だった旧ソ連時代の1978年の1億2780万トンを上回り、過去最多となったことが22日までのロシア農業省の統計で分かった。しかしロシア穀物連盟は、価格下落などで収益は悪化していると指摘、手放しには喜べないとしている。

 農業省などによると、穀物生産量の約6割を占める小麦は、21日現在の収穫量が8800万トンで既に年間生産量の最多記録が確定。トウモロコシ、コメは前年よりやや減ったが、大麦や大豆は増加した。

 ロシア穀物連盟のズロチェフスキー会長らによると、昨年も78年とほぼ同じ高水準の生産量だったが、昨年以降、国際価格は5年前の約半分程度に下落。燃料や肥料の価格も上がっており、収益が7~15%悪化しているという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング