産経フォト

ハイブリッド芝、初導入へ ノエスタ神戸で来季から

2017.9.21のニュース

スポーツ

ハイブリッド芝、初導入へ ノエスタ神戸で来季から

dly1709210019

 J1神戸の本拠地、ノエビアスタジアム神戸に来季、天然芝に人工繊維を組み込む「ハイブリッド芝」が導入される。ピッチを天然芝に限定する規約を改定したJリーグが7月の理事会で敷設を承認。国内のスタジアムでは初の試みで、耐久性や稼働率の向上が見込めるとあって注目される。

 神戸市所有の球技専用スタジアムは開閉式屋根のために日当たりや風通しが悪く、スライディングで簡単に剥がれるなど、芝の生育に腐心してきた。傷みがひどかった一昨年には会場変更も強いられた。2019年に日本で初開催されるラグビー・ワールドカップ(W杯)会場でもあり、市は欧州のスタジアムなどを視察してきたクラブと改善策を協議。ハイブリッド芝導入を決めた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング