産経フォト

細野氏「現実的に対応」 新党、安保法に基づく集団的自衛権の行使を容認

2017.9.19のニュース

ニュース

細野氏「現実的に対応」 新党、安保法に基づく集団的自衛権の行使を容認

dly1709190013

 細野豪志元環境相は19日の民放番組で、小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員との新党結成を巡り、新党の下では安全保障関連法に基づく集団的自衛権の行使を容認する考えを表明した。北朝鮮情勢に触れ「新党では現実的に対応できる」と述べた。新党設立に関して「月内に立ち上げられる。(衆院選で)しっかりと国民に選択肢を示したい」と強調した。

 民進党などの野党は安保法の廃止を目指している。細野氏は、民進党議員や離党者への新党参加の働き掛けについて「民進党のいろいろな人から連絡がある。話をするのは当然だ」と語った。

 細野、若狭両氏は衆院解散が見込まれる28日の臨時国会召集前に新党を設立することで大筋合意している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング