産経フォト

殺菌剤被害で大統領謝罪 韓国、1200人死亡か

2017.8.8のニュース

ニュース

殺菌剤被害で大統領謝罪 韓国、1200人死亡か

dly1708080023

【ソウル共同】韓国で有害物質が含まれた加湿器用の殺菌剤が10年以上販売され、肺損傷を起こした新生児や妊産婦らが死傷した事件で、文在寅大統領が8日、政府の責任を全面的に認め、大統領として初めて謝罪した。被害者は政府への申告分だけでも1200人超の死者を含む、約5700人に達している。

 文氏は大統領府で被害者や遺族と直接会った。冒頭で政府が事件発生を許し、問題の認識後も被害の把握や救済措置を十分行わなかったと認め「(政府は)被害者と痛みを分かち合おうとしなかった。政府を代表し、心より深くおわびする」と述べた。事件を巡っては2011年に被害が発覚した。

 大統領府によると、遺族の一人は面会で「スーパーで買った殺菌剤を使っただけなのに、わが子が死んだ。(使った)私たちが殺したことになるのか。政府の過ちではないのか」と泣きながら訴えた。文氏は再発防止と原因究明、被害者支援に努力すると約束した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング