産経フォト

大阪港開港150年、イベント続々

2017.7.14のニュース

ニュース

大阪港開港150年、イベント続々

dly1707140013

 大阪港が開港してから15日で150年目に入る。同港周辺では14~17日に、記念式典や国際会議のほか、関西を中心に活動するアーティストのライブといった多くのイベントが開かれる予定だ。

 大阪市や港湾関係者でつくる記念事業推進事業委員会は14日、「アジア国際港湾会議」を開催し、米国・サンフランシスコ港やオーストラリア・メルボルン港など姉妹港やアジアにある国際港の関係者が出席した。 会議の議長を務める森隆行流通科学大教授が「会議が協力関係のスタートになればいい」とあいさつ。その後、各港関係者が発展するアジア経済に対する取り組みなどについてプレゼンテーションした。

 15~17日には、大阪港近くの水族館「海遊館」前の広場で、市民サークルも参加する音楽イベントを開催。停泊中の大型クルーズ客船に体験乗船できるイベントも企画している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング