産経フォト

潜航艇攻撃75年で追悼式 豪シドニー

2017.6.1のニュース

ニュース

潜航艇攻撃75年で追悼式 豪シドニー

dly1706010012

 太平洋戦争中の1942年にオーストラリア東部のシドニー湾で、旧日本軍の特殊潜航艇による攻撃でオーストラリア軍兵士らが死亡してから75年となり、シドニーの海軍基地で1日、追悼式が行われた。竹若敬三駐シドニー総領事も出席、献花した。

 42年5月31日、日本の潜水艦から3隻の特殊潜航艇が発進。発射した魚雷がオーストラリア海軍の宿泊用艦船の近くで爆発し、オーストラリアの兵士ら21人が死亡した。日本側の特殊潜航艇3隻も沈没、6人全員が死亡した。式には現地の日本人学校の生徒も参加した。

 同基地のフレイザー司令官は「オーストラリア人だけでなく、母国のために犠牲になった旧日本兵らを含め追悼する」と述べた。竹若総領事は式典後「75年は一つの節目。和解の上で過去を踏みしめながら前向きになる意思を感じた」と話した。(シドニー共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング