産経フォト

たばこ自販機禁止7割支持 世界禁煙デーで意識調査

2017.5.31のニュース

ニュース

たばこ自販機禁止7割支持 世界禁煙デーで意識調査

dly1705310020

 国立がん研究センターは世界禁煙デーの31日、たばこの自動販売機の設置禁止に68%が賛成しているとの意識調査結果を公表した。コンビニなどでたばこのパッケージが見える状態で売る「陳列販売」も55%が禁止を支持した。

 日本も加盟する世界保健機関(WHO)の「たばこ規制枠組み条約」の指針では、自販機や陳列販売は広告に相当するとして禁止を推奨している。がんセンターの平野公康研究員は「一般の人でも禁止すべきだとの意見が多かった。政策に反映してほしい」と話している。

 調査は5月、喫煙者と非喫煙者を対象にインターネットで実施。自販機の設置について尋ねたところ、全体の68%が「禁止すべきだ」「どちらかというと禁止すべきだ」と答えた。

 また陳列販売に関しては55%が禁止を支持した。ただ喫煙者と非喫煙者で意識に隔たりがあり、喫煙者では17%にとどまった。学校の近くや駅前などの未成年者が多く利用する店でたばこの販売自体を禁止することについては68%が肯定的だった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング