産経フォト

コメダ酷似、店舗差し止め 東京地裁が仮処分決定

2016.12.27のニュース

ニュース

コメダ酷似、店舗差し止め 東京地裁が仮処分決定

dly1612270016

 コメダホールディングス(HD)は27日、運営するコーヒーチェーン「珈琲所コメダ珈琲店」に外観などが酷似しているとして、東京地裁が和歌山市の喫茶店の運営会社に対し店舗の使用差し止めを命じる仮処分決定を出したと発表した。決定は19日付。

 仮処分の対象の喫茶店は、ミノスケ(和歌山市)が運営する「マサキ珈琲中島本店」。コメダHDによると、マサキ珈琲の店舗の外観や内装がコメダとそっくりで、使用しているグラスなども酷似している。

 決定では、店舗の使用に加え、建物の写真や絵を印刷物に載せることも禁じた。

 コメダHDは昨年5月、使用差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てていた。同社の担当者は「大変意義のある決定だ」とコメントした。ミノスケに対しては損害賠償請求もしており、現在係争中という。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング